学費から見る私立の通信制高校の特徴

通信制高校には公立と私立がありますが、費用面で「出来る限り安く」といった公立に比べ、私立はやはり高額である傾向にあります。
それは通信制高校を希望する学習者が、「経済的な理由において選択を余儀なくされた」「働きながら通信制で学ぶことを選択した」という人に対する高等教育の提供の場として出発した公立との違いにあります。
不登校やイジメ問題で通信制高校を選択した生徒の存在に着目し、その生徒たちへの教育の場の提供としての在り方を追求している結果です。


<私立の通信制高校の学費負担>

私立の通信制高校は公立がほぼ一律であるのに対し、学校の特長によって学費負担も様々です。
入学金2万円程度のものから10万円前後の学校もありますし、年間の授業料も20万円程度から40万円のもの、またそれ以上と、幅があります。
どのくらい生徒に手をかけるのか、どういった方法で生徒にアプローチするのかといった違いが、授業料の違いに反映する傾向にあります。
学習面のフォローや進路指導などが手厚くなれば、それだけ学費負担も大きくなりますし、現在の問題にマッチしたカリキュラムなどを導入していれば、更に増加するものです。
それだけ毎日の学習計画も立てやすく、卒業に向けた計画やその後の設計なども、イメージしやすくなります。

Posted in 通信制高校 | Leave a comment

通信制高校に通う生徒が学習面で注意することはなに?

通信制高校では、自分のしたい学習をメインに、自分のペースで高校卒業資格を目指すことができるということが言われています。しかし、進学後などに、学力ではなく、学習した教科などの開きがやはり問題になることもあるそうです。全日制高校と違う、自分で時間割を組むことで生まれるリスクを知りましょう。


通信制高校のリスクは学力の偏り?

通信制高校では自分で必修科目以外の科目を選んで時間割を組み立てます。そのため好きなことを学習できるという環境が整う代わりに、全日制高校の生徒が授業で習う科目を、一切せず大学まで進学してしまうという問題もあります。試験に合格して進学しているので学力の問題ではないのですが、大学のシラバスなども多くの生徒の基礎的な学習を基本にしているため、驚くことがあるそうです。


理系進学の場合は選択科目に注意が必要な場合も

理系大学や医療系への進学の場合、選択科目にある生物などの授業が受験を行う上で必修科目となる可能性があります。自分の学習したいものや進路が少しわかってきたら、担任の先生、進路指導担当の先生などと選択科目を相談しておくことも忘れないようにしましょう。また選択科目が文系や理系に偏りすぎないようにしましょう。

Posted in 通信制高校 | Leave a comment

留学に力を入れる通信制高校がある

小学校での英語教育が義務化されたことなどから、小さいときから英語を学習させようという教育が日本では増えているそうです。就職試験に、トーイックの点数を何点以上取っていること、などを設ける企業も増えていることから、留学や語学教育に力を入れている通信制高校も増えています。


通信制高校の授業が英語で?

英語科では、すべての授業を英語で行うという通信制高校もあるそうです。海外に姉妹校をもっていることから、交換留学生なども受け入れており、日常的に英語を利用することで、会話など実践的な力を身に着けることができると言われています。また進学では、姉妹校にあたる海外の大学や専門学校への進学が可能なケースもあるそうですから、留学を希望する生徒や、将来の進学先を日本ではなく海外の大学へと考える生徒にはぴったりかもしれません。


イギリスやオーストラリアなど人気の場所を選べる

中にはいくつかの留学先を設け、その中から自分の興味のある国へ留学生を派遣してくれる通信制高校もあります。イギリスやオーストラリア、ニュージーランドなど、自分が興味のある文化をもつ国へ行くことで学習意欲も高まるそうです。語学留学は多くの場合、約一年間で日常会話に困らない程度の言語能力を身に着けられると言われています。

Posted in 通信制高校 | Leave a comment

学習面に自信のない生徒は通信制高校に通える?

通信制高校では、中途退学をした生徒の受け入れを積極的に行うところが多いそうです。多くの通信制高校は、単位制という授業カリキュラムを利用していますから、前期と後期の2つに一年間を分割、春と秋に入学、卒業が可能ということも、編入や転学に対応しやすいという理由かと思います。


通信制高校は質問教室などもある

前に修得している単位は、辞めた高校に単位修得証明書などを発行してもらうことで、持ち越し、その単位は再履修から免除されます。これに有効期限などはないそうですから、2年生以上で辞めてしまって数年経っているという状態でも、大丈夫です。しかし、習ったことが単位になっても忘れてしまっているということもありますよね。通信制高校では、質問教室や、学習の遅れがある生徒のために補修などを行っているところもあるそうです。


まずは学校に行って相談してみよう

行きたい通信制高校があるなら、まずは学校へ実際に行ってみて、自分で不安なことを話してみましょう。年齢は高校生の世代が多くなりますが、成人してから通っているという生徒ももちろんいますし、年齢面での制限を設けている高校は、ほとんどないに等しいそうです。学習面での不安なども相談して、ゼロから勉強のやり直しができるかどうかなども聞いてみるといいでしょう。

Posted in 通信制高校 | Leave a comment

大学進学に特化した通信制高校

通信制高校では国家試験などの合格を目指すという高校もあるのですが、もう一つ、進学塾がサポート校として生徒を指導する、進学に特化した高校もあります。これは難関大学合格などを目指しているもので、高校の学習をできるだけ効率よく行い、残りの時間を受験勉強にあてるというものです。


通信制高校から難関大学へ

もちろん、進学校は私学の全日制高校などにもたくさんあるかと思います。通信制高校では進学指導塾がサポート校として存在しているので、学校に行くことで塾での学習もサポートできるという効率の良さがあるそうです。また日本の受験システムは、とにかく合格することに重きが置かれています。腐っても鯛、といいますが、最下位で東大などに入学しても、学歴は東大ということですね。


塾で効率よく、合格するための学習を

難関大学の多くは、試験の問題にある傾向を持っているそうです。大学の性格などもあるそうですが、過去の問題データから今年の問題や、必ず出される問題を分析、有名な指導塾では難関大学の受験専門指導を行う先生もいると言われていますから、通信制高校に通うことで高校卒業資格を取得、残った多くの時間を、自分の目指す学校のために使えるというのは無駄のない教育方法とも言われているそうです。

Posted in 通信制高校 | Leave a comment

通信制高校の集中スクーリングってどんなもの?

通信制高校では普段、登校日を設けない代わりに、集中スクーリングといって数日間の宿泊学校でスクーリングを終わらせる学校があります。多くの場合、広域性通信制高校で用いられているそうですが、この集中スクーリングの仕組みなどをご紹介します。


通信制高校に通うのは5日だけ?

この集中スクーリングを利用する通信制高校の多くが、離島などに高校を本校として設けているそうです。自然が多いところに高校と宿泊施設を兼ねて設け、ここに生徒が宿泊します。単位などにかかる学費とは別に参加費用がかかりますが、普段の学習をサポート校へのレポート提出やネット授業などだけで過ごすことができるので、なかなか学校へ通えない事情のある生徒でも卒業しやすいと言われています。


体験学習なので楽しいことがたくさん

体験学習をメインに集中スクーリングは行われることが多いそうです。そのため、外に出て自然と触れ合うことなどがメインとなるそうですから、勉強を5日間、宿にこもって行うような、進学塾の合宿を想像する必要はほとんどないと言われています。もちろん、普段触れ合っているサポート校の先生も同伴しますし、各地方から一度に本校に集まるので、離れたところに友達ができるいいきっかけになるとも言われるそうです。

Posted in 通信制高校 | Leave a comment

通信制高校は選択科目に注目しよう

通信制高校では3年間で最低74単位を修得し、卒業資格を得ます。この中にはおおまかに分類して、選択科目、必修科目の2種類があり、必修科目は生徒全員が授業を受けて、単位を修得する卒業に不可欠なもの、選択科目では好きな科目を選んで学習を進めることになっています。


通信制高校の選択科目は個性たくさん

通信制高校では選択科目でダンスなどを教えてくれるなど、全日制高校とは違う教育を行っている高校もあります。文系科目、理系科目でも実験をメインに行う選択科目や、論文に特化した選択科目を置いているところもあるそうです。一年生では必修科目に授業の多くを割くことになりますが、選択科目は学年を追うごとに増えてきますから、シラバスなどを参考にどのような学習ができるかを確かめてみましょう。


好きな科目を突き詰めよう

全日制高校では、自分の得意でもっと学習したい科目があっても、他の時間割もすべて決まっているので万遍なく学習し、知識を付けることができる反面、学びたい科目だけを深く学習したいという生徒には、不向きな部分もあります。大学で突き詰めればいいという考え方もあるそうですが、早くに得意科目ややりたい仕事などが決まっている生徒にとって、自分が学習したい教科を選択して、どんどん勉強ができるのは通信制高校ならではの魅力かと思います。

Posted in 通信制高校 | Leave a comment