大学進学に特化した通信制高校

通信制高校では国家試験などの合格を目指すという高校もあるのですが、もう一つ、進学塾がサポート校として生徒を指導する、進学に特化した高校もあります。これは難関大学合格などを目指しているもので、高校の学習をできるだけ効率よく行い、残りの時間を受験勉強にあてるというものです。


通信制高校から難関大学へ

もちろん、進学校は私学の全日制高校などにもたくさんあるかと思います。通信制高校では進学指導塾がサポート校として存在しているので、学校に行くことで塾での学習もサポートできるという効率の良さがあるそうです。また日本の受験システムは、とにかく合格することに重きが置かれています。腐っても鯛、といいますが、最下位で東大などに入学しても、学歴は東大ということですね。


塾で効率よく、合格するための学習を

難関大学の多くは、試験の問題にある傾向を持っているそうです。大学の性格などもあるそうですが、過去の問題データから今年の問題や、必ず出される問題を分析、有名な指導塾では難関大学の受験専門指導を行う先生もいると言われていますから、通信制高校に通うことで高校卒業資格を取得、残った多くの時間を、自分の目指す学校のために使えるというのは無駄のない教育方法とも言われているそうです。

This entry was posted in 通信制高校. Bookmark the permalink.

Comments are closed.