学習面に自信のない生徒は通信制高校に通える?

通信制高校では、中途退学をした生徒の受け入れを積極的に行うところが多いそうです。多くの通信制高校は、単位制という授業カリキュラムを利用していますから、前期と後期の2つに一年間を分割、春と秋に入学、卒業が可能ということも、編入や転学に対応しやすいという理由かと思います。


通信制高校は質問教室などもある

前に修得している単位は、辞めた高校に単位修得証明書などを発行してもらうことで、持ち越し、その単位は再履修から免除されます。これに有効期限などはないそうですから、2年生以上で辞めてしまって数年経っているという状態でも、大丈夫です。しかし、習ったことが単位になっても忘れてしまっているということもありますよね。通信制高校では、質問教室や、学習の遅れがある生徒のために補修などを行っているところもあるそうです。


まずは学校に行って相談してみよう

行きたい通信制高校があるなら、まずは学校へ実際に行ってみて、自分で不安なことを話してみましょう。年齢は高校生の世代が多くなりますが、成人してから通っているという生徒ももちろんいますし、年齢面での制限を設けている高校は、ほとんどないに等しいそうです。学習面での不安なども相談して、ゼロから勉強のやり直しができるかどうかなども聞いてみるといいでしょう。

This entry was posted in 通信制高校. Bookmark the permalink.

Comments are closed.