学費から見る私立の通信制高校の特徴

通信制高校には公立と私立がありますが、費用面で「出来る限り安く」といった公立に比べ、私立はやはり高額である傾向にあります。
それは通信制高校を希望する学習者が、「経済的な理由において選択を余儀なくされた」「働きながら通信制で学ぶことを選択した」という人に対する高等教育の提供の場として出発した公立との違いにあります。
不登校やイジメ問題で通信制高校を選択した生徒の存在に着目し、その生徒たちへの教育の場の提供としての在り方を追求している結果です。


<私立の通信制高校の学費負担>

私立の通信制高校は公立がほぼ一律であるのに対し、学校の特長によって学費負担も様々です。
入学金2万円程度のものから10万円前後の学校もありますし、年間の授業料も20万円程度から40万円のもの、またそれ以上と、幅があります。
どのくらい生徒に手をかけるのか、どういった方法で生徒にアプローチするのかといった違いが、授業料の違いに反映する傾向にあります。
学習面のフォローや進路指導などが手厚くなれば、それだけ学費負担も大きくなりますし、現在の問題にマッチしたカリキュラムなどを導入していれば、更に増加するものです。
それだけ毎日の学習計画も立てやすく、卒業に向けた計画やその後の設計なども、イメージしやすくなります。

This entry was posted in 通信制高校. Bookmark the permalink.

Comments are closed.