通信制高校と定時制高校は何が違うの?

全日制高校を選択せずに高校卒業資格を得るには、通信制高校か定時制高校、このいずれかを卒業すればいいのですが、大きな違いがありますので、そこも理解した上で選びましょう。この違いを理解すると、自分にとって卒業しやすい高校も分かってくることでしょう。


<通信制高校と定時制高校の違いとは?>

定時制高校は全日制高校は、基本的なシステムは同じです。学年制と単位制の併用によって卒業を目指します。学年で決まっている単位を全部取得しなければ、留年してまた始めからやり直しになります。しかも留年し続けてもそのうち単位をとればいいということではなく、ほとんどの全日制や定時制は6年ないし8年で卒業できなければ除籍になるという決まりがあります。留年もいつまでも出来るわけではありませんので、あまりのんびりと構えるわけには生きません。単位制を採用している高校もありますが、学年の縛りはなくても、何年以内に卒業するとう規定があります。また通学が前提です。しかし、通信制高校は、留年がなく、スクーリング以外は登校もしません。卒業に必要な単位数を取った時が卒業できる時です。学年もありませんから、留年もありません。私立も多くの学校が、何年間のうちに卒業しなければならないといった物は設けていません。自由度が高く、自分のペースで学習を進められるのが大きな違いです。

This entry was posted in 通信制高校. Bookmark the permalink.

Comments are closed.