通信制高校に通う生徒が学習面で注意することはなに?

通信制高校では、自分のしたい学習をメインに、自分のペースで高校卒業資格を目指すことができるということが言われています。しかし、進学後などに、学力ではなく、学習した教科などの開きがやはり問題になることもあるそうです。全日制高校と違う、自分で時間割を組むことで生まれるリスクを知りましょう。


通信制高校のリスクは学力の偏り?

通信制高校では自分で必修科目以外の科目を選んで時間割を組み立てます。そのため好きなことを学習できるという環境が整う代わりに、全日制高校の生徒が授業で習う科目を、一切せず大学まで進学してしまうという問題もあります。試験に合格して進学しているので学力の問題ではないのですが、大学のシラバスなども多くの生徒の基礎的な学習を基本にしているため、驚くことがあるそうです。


理系進学の場合は選択科目に注意が必要な場合も

理系大学や医療系への進学の場合、選択科目にある生物などの授業が受験を行う上で必修科目となる可能性があります。自分の学習したいものや進路が少しわかってきたら、担任の先生、進路指導担当の先生などと選択科目を相談しておくことも忘れないようにしましょう。また選択科目が文系や理系に偏りすぎないようにしましょう。

This entry was posted in 通信制高校. Bookmark the permalink.

Comments are closed.