通信制高校は選択科目に注目しよう

通信制高校では3年間で最低74単位を修得し、卒業資格を得ます。この中にはおおまかに分類して、選択科目、必修科目の2種類があり、必修科目は生徒全員が授業を受けて、単位を修得する卒業に不可欠なもの、選択科目では好きな科目を選んで学習を進めることになっています。


通信制高校の選択科目は個性たくさん

通信制高校では選択科目でダンスなどを教えてくれるなど、全日制高校とは違う教育を行っている高校もあります。文系科目、理系科目でも実験をメインに行う選択科目や、論文に特化した選択科目を置いているところもあるそうです。一年生では必修科目に授業の多くを割くことになりますが、選択科目は学年を追うごとに増えてきますから、シラバスなどを参考にどのような学習ができるかを確かめてみましょう。


好きな科目を突き詰めよう

全日制高校では、自分の得意でもっと学習したい科目があっても、他の時間割もすべて決まっているので万遍なく学習し、知識を付けることができる反面、学びたい科目だけを深く学習したいという生徒には、不向きな部分もあります。大学で突き詰めればいいという考え方もあるそうですが、早くに得意科目ややりたい仕事などが決まっている生徒にとって、自分が学習したい教科を選択して、どんどん勉強ができるのは通信制高校ならではの魅力かと思います。

This entry was posted in 通信制高校. Bookmark the permalink.

Comments are closed.